景氣経営學を1年学んで。

1年間学んだ景氣経営學も明日がラスト!!
私はこの1年「氣学」について学んでおりました。

強気→活気→生気→元気 が気が満ちている状態
弱気→無気力でひきこもりがちになり
滅気→病気
さらに気力が落ちると狂気や殺気となり、事件や犯罪となる。
病肉ではなく「病気」
景金ではなく「景気」
「氣」ですべてが動いているという、日本に昔からある教えを学んでいます。

ご存知の通りセミナーってやつはピンきりです。(実際にはこの講義はセミナーではないのですが)
値段や、内容が。
1年前、このセミナーを受けるか迷っていました。内容がおもしろそうなので受けたいなと思ったのですが、
ネックは値段。。
友人に相談すると
決して安くはないけど、恐ろしく高いというわけでもないよね。
自己投資してみれば。と。
その一言に背中を押されたのを今でも覚えています。(ほんとにいい友人です^^)

経営学というだけあって、経営者や個人事業主が殆どで、平社会人はあまりいません。
けれど、「氣学」は、経営者だから必要というわけではなくて
誰しも学ぶべきものです。
テコの原理みたいな。そう、人生のテコの原理なんです。

むかしむかし、日本の寺子屋で学んでいたような教えです。
吉田松陰先生の言葉もよく出てきます。
明治維新で活躍した人物や、後の総理大臣には、吉田松陰先生の寺子屋出身の方が何人かいます。
なぜ、ここの生徒はこんなにも優秀だったのでしょうか。

それは、「人力」を越えた「釈迦力」を使ったから。

では、その「釈迦力」を発動させるには?

「釈迦力」を人生で応用するには?
応用したいほどの「成すべきこと」は?

それを「天命」と呼びます。
どうやって自分の「天命」と出会うのか。

1年前の私と、今のわたし。

感謝の気持ちをより深く。
有難きを知り、かならずお礼を口にする。

天の時を意識し、自然からのメッセージを受け取り
誤った解釈をしない。

一番は「愛の循環」を学んだと思います。

与えるものは、与えられる。

自分の愛のコップを毎日カラにできるように。
できることがあれば、おしみない協力を。

愛は引力です。愛情深いヒトの周りにヒトは集まります。

こんな風に、考え方が変わりましたね。

ざっと読むと、宗教みたいですが。笑
商いも宗教なので。
儲け=「信じる」+「者」

ね。

心のより処となる、宗教は持っていたほうがいいという意見に賛成です。
私の宗教は、コレ!ってやつはないですが。しいて言えば仏教?
とにかく、自然の摂理に学びます。

まだまだ、継続に期日を守ることに関しては自分を甘やかしてしまいます。
「行動の意味」を意識して、自分のやる気も「釈迦力」モードにしていきます!!

その安くはないけど、恐ろしく高いわけでもない受講料を払ってみて
モトはとれたかというと、それはこれからの頑張り次第ですが

この学問に出会えたことの感謝が勝ります。
このタイミングで学べてよかった。はい、あとは実践です!!
140309-038

 

 

 

 

 

写真は、古きよき羽釜でごはんを食べたBBQ(・∀・)♪

2014-03-15 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment