近況報告 鎌倉フリーランス期

またまたお久しぶりな投稿になってしまいました(; ・`ω・´)
谷津です。

鎌倉に移住して、フリーランスで仕事を始めて、そんなに忙しくはないのですが
精神的には焦っていたり。。

4月30日、日本に無事帰国しました!

現在、実際の旅とブログの間は6ヶ月ほど時差があります。

Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

151103-007
ここからはチリのビーニャ・デル・マルの出来事を書こうと思っていたのですが
近況のリアルタイムなことを書きたい気分なのでお休みです。

目の前の新しいことに無我夢中で、旅にいた頃の記憶を呼び戻すのが難しくなってきました。
最近の出来事がどんどん頭の中に入ってきて、旅の頃の記憶がどんどん奥に追いやられているような。
今、パソコンの前に座って、「さて、ビーニャでの出来事はっと…」と文章を打とうとすると
前より思い出しにくくなって。。

時間は進んでいるんだなと感じます。
忘れないうちに、思い出を引っ張りだして綴りたいなと思います。

世界一周は、わたしの大事な大事な冒険の記録です。

今は何しているのかというと、鎌倉に住んでいて(写真が住んでいる古民家)、フリーランスで栄養士業をしています。
駆け出し1ヶ月なので、契約を取ったり、新しい仕事に慣れたり
もちろん仕事だけでなく生活も新しくなりました。

なんで独立したのか。
時間に追われる生活をしたくなかったからです。
晴れてる日は、縁側で気の済むまでひなたぼっこしたい。
雨の日には、外出せずに家で本を読みたい。
夕日が沈むまで、眺めていたい。
今しかできない、大切な予定を優先させたい。

社会人の時、「できたらいいな」と思った生活は
旅に出て色んな人の働き方を見て、「できるかも」に変わりました。

実際、そういう生活を始めてみて
時間は自由になりました。でもお金が好きに使えるほどありませんでした。

お金がないと、生活に不安を感じます。
稼がないと、と思います。てっとり早くお金を手にするために、雇われようとします。

現に今、家から自転車で2分の保育園(食事にも気を配ったよい園)で、時給も資格給で、週に2回という条件で
パートに出ようかなと思っていたり。曜日固定だけど。

週に2回。1ヶ月で68時間。お金にして6万円。

したいことを仕事にすると言うより、お金のためにする仕事。

私の中でもやもやが募っているのです。

私が求めるお金は全然多くない。でもそのお金すら得られないから、不安になっている訳で。

でも自由になりたいと決意したのに、あまりにも弱腰な気もする。

かけているものばかり見ずに、足りている物を見たら
わたしは望んだ生活を手に入れているわけだ。

晴れてる日は、縁側で気の済むまでひなたぼっこしてる。
雨の日には、外出せずに家で本を読んでる。
夕日が沈むまで、眺めてる。
今しかできない、大切な予定を優先させてる。

こんな素晴らしい生活を、気の迷いや不安で、また手放そうとするなんて。。

今得られる収入だけで、できる生活を考えたほうがいいんじゃないか。

幸い、今住んでいるシェアハウスはちょっとぼろぼろな古民家で、家にいてもやるべきことは山のようにある。
151103-015

ごはんも、みんなで食べるから食費は安いし、好きなものを作れるし、料理の練習にもなる。
151105-047
何より、住人と一緒にいる時間も楽しいし。
151103-001

今得られる収入で、抱えられない物は捨ててしまえばいい。
ミニマムな生活にすればいいんじゃないか。

いつでもふらりとどこかに行けるし、ふらりと仕事もできる。

今手にしているのもは、守るべきものなんじゃないか。
だとしたら、この生活を守るために私は何をすればいいだろう?
答えは、自分の中に。ある。

***************************
151103-024
自分の考えをばーーーっと書き出すのも良いけど
読み手がいると思って、考えをまとめるのとではモチベーションが違います。
文章に完結する部分を作らなければいけなかったり。

どうやら、私の中でのモチベーションの上げ方は「ブログを書く」ことのようです^^

近況報告、読んでいただいてありがとうございます!

世界一周ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015-11-17 | Posted in ブログNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment