旅を始める前に読んでおく本

今日から2月がスタートですね。
しかし私の頭の中は、もう「春」になっております。笑
走りだしたい気分です。ついでに冬の間に蓄えた脂肪も落としたい。

2月といえば、節分。節分とは季節の変わり目の 前日 なんだそうですよ。
だから、立春は翌日4日になるわけですね。

立春は、氣学では年度替わりの日です。
大晦日に大掃除をするように、一年を振り返って、来年度の計画をたてるとよいそう♪

わたしもやります!!

そして、豆も食べましょうね。健康を願って 歳の数だけ^^
日本の食文化は、世界文化遺産です♡

さて、今日は本を一冊紹介します。

140110-006

 

 

 

 

 

 

「自分の仕事をつくる旅 グローバル時代を生きぬくテーマある旅のススメ」
著:成瀬勇輝

この本を紹介してくれたのは、この本の中でもインタビューされている、青木さんという方です。

旅をただの観光に終わらせない。次のステップにつなげる旅にするススメですね。

目的はなんでもいいと思うんです。

しかも、何かをやり遂げようって肩肘張るのはなんか 重苦しい。
人生の夏休みのために行くんだから、何も考えたくない。

それでもいいと思います。
きっと感じること、学びは 日本にいるよりもずっと多い。

私も、世界一周に行ければいいって思っていました。
それが目標であり、ゴールだった。

でも、この本と出会って テーマのある旅っておもしろい という視点ができました!

もちろん、私のテーマは「食べること」です!そこは揺るがず。

そしたら、どんな「食」でコニュニケーションや、挑戦の場を作っていくか
わたしだからできる「形」を創る
じゃぁ、それを実現するために「今」準備を進めることは??

自分が楽しくできること

見ている人も巻き込めること

具体的に決まったらここで報告しますね。立春までには決めて、動き出したいところ。

感性が豊かで、おもしろい・楽しいに敏感な女 谷津由利恵

2014-02-01 | Posted in ブログ, No Comments » 

関連記事

Comment





Comment