旅なんてやめちまえって言われても仕方ないくらいの日に,人の優しさが身に沁みた

リアルタイムはボリビア ウユニ塩湖!!
ネットが安定しているので、コンスタントに投稿再会していきます♪
おつきあいくださいませ!!
現在、実際の旅とブログの間は3ヶ月ほど時差があります。
instagram @YACCHIBERRY
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前回の1日に2回盗難にあった日のブログの続きです。→前回のブログ

141124-020

なんとか宿について、友だちのまどぅとも合流出来た。

まどぅはインドで会った友達。一緒にヨガした仲間で3回めの再会。

今日の出来事をひとしきり話し終え、まどぅが温かい日本茶を入れてくれた。
少し落ち着く。
もう夜も遅いので寝ようとするのだけど、どうしても寝ることができなかった。
タクシーに乗ってこの宿まできたのだけど、あの男の連れて行った公園とは真逆だった。
あの男は、澄ました顔して、最初から私をハメるつもりだったのだ。
目の前で、簡単に裏切っていったあの人。
人の悪意を全面に受けた。こんなにダイレクトに受けたことない。
これが一番ショックだったかも。
ああ、悪い人もいるんだ。
もしかしたら携帯持って戻ってくるかも、って期待した自分もバカみたいだし
みんないい人だって勘違いしてる自分が、どんだけ世間知らずなんだろうって呆れた。
ここは福島の田舎じゃない。
調べてみると、ベルギーは西欧の中でも3番目くらいに治安が悪い場所だということがわかった。
情報不足。。
まどぅと荷物の管理について話したけど、明らかにわたしの管理は甘かった。
ドミトリーにいるのに、貴重品のロッカーを使ってなかったのだ。
今考えるとありえない。
こんな管理を続けていたら、遅かれ早かれ盗まれていただろう。
旅人の中にはまったく盗まれずに旅を終える人だっている。
それに比べてわたしはなんなんだ。盗まれすぎ。
危機管理、注意力 劣ってる。
こんなわたしが日本に帰った所で、欠陥品だろう。
働いて稼いだお金で揃えた高いカメラに電子機器を、他人に配っているようなものだった。
わたしにお給料をくれていた患者さんに、一緒にカメラを選んでくれた友人に、申し訳なく思った。
タダでカメラやケータイを配っているようなわたしの旅に、意味なんてあるんだろうか。
旅の中にも、日本にも わたしの居場所なんて無い。。
ああ、だめだ。自分を責めたって落ち込むだけだ。
信用できる人に話さなきゃ。。
寝れないまま、朝の4時、ベッドから出て メールを作る。
メールを作りながらまた泣けてくる。
数人にだけ、メールを送った。
カッコ悪いとかそんなもの関係なしに、この頭の中にある言葉をそのまま送った。
しばらくすると、返信がやってきた。
なんてありがたい。。
ある人は、
マザーテレサの言葉を送ってくれた。
人は不合理、非論理、利己的です。 気にすることなく、人を愛しなさい。
あなたが善を行うと、利己的な目的でそれをしたと言われるでしょう。 気にすることなく、善を行いなさい。
目的を達しようとするとき、邪魔立てする人に出会うでしょう。 気にすることなく、やり遂げなさい。
 善い行いをしても、おそらく次の日には忘れられるでしょう 気にすることなくし善を行い続けなさい。
あなたの正直さと誠実さとが、あなたを傷つけるでしょう 気にすることなく正直で誠実であり続けないさい。
助けた相手から恩知らずの仕打ちを受けるでしょう。 気にすることなく助け続けなさい。
 あなたの中の最良のものを世に与え続けなさい。
けり返されるかもしれません。 気にすることなく、最良のものを与え続けなさい。
ある人は、やり残したことがあるならやりきってこいって言ってくれた。
まあ、そんなもんだよ。
やっちゃんには、良かったかもよ。
悪い人もいるし、
良い人もいる。
僕も若い頃、
1000万円
貸して返ってこなかったんだけど、人を信じる事とは放任ではなく責任だと学んだよ。
悔しいし、情けないし、大変だし。
気をつけてな。
いつでも連絡くれ。
まだやり残した事があるなら、やり切ってこい。
それでも疲れたら、戻っといで。
またある人は、わたしの旅に勇気を貰ってるって言ってくれた。
何か欲しいものあったら、住所あればすぐ送るからね!!いつでも言ってね
いつもやっちゃんのしてくれている体験に私は勇気を貰ってる。
いつもありがとう。
やっちゃんには、そんな心ない人に負けないたくさんの仲間がいるからね
大丈夫だよー!!!

このメールを何度も何度も読み返して、さらに泣いた。
ホテルのレセプションとか、場所も人の目も気にせずに泣き続けた。
大丈夫、まだやれる。
ここで終わったら今までしてきた旅も嫌いになってしまう。
全部、取り返しがつく。しかも、機械なんかなくても旅はできる。
まだ終わってない。
歩き続ける決意をした。
2015-02-22 | Posted in 16ヶ国目 ベルギーNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment