【保存版】ウユニ塩湖のツアーの組み方、ポイント

こんにちわ!少しづつ引っ越しの準備を始めている谷津です!

といっても引越し先はシェアハウスなので、最低限の荷物さえあればOKなので
ダンボール3箱くらいに収めたいなと思っています☆

現在、実際の旅とブログの間は6ヶ月ほど時差があります。
さて今日はウユニのツアーの組み方なんかをくわしく書いちゃいました。

Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

dsc_2722
※2015年2月の情報です※

きっと2016年の方の参考になると思いますーー☆
ウユニに来たら塩湖のツアーに行きましょ♪

ツアーのルール!(ランクル貸し切り希望の場合。)

ツアーを立ち上げる代表者が、日程を決めその他のメンバーを募ります。
日にちは希望日でOKです。
時間帯も自由です。スタンダードは6時間。街から塩湖までの往復で2時間なので、
塩湖の滞在時間は4時間となります。
例えば朝日を見るツアーなら、深夜2時出発、午前8時帰宅
夕日を見るツアーなら、午後2時出発、午後8時帰宅
日中のツアーなら、午前8時出発、午後2時帰宅
例外に朝日から日中を楽しみたいから10時間貸し切るのもOKです。その分値段が上がります。

メンバーは7人がベスト。もし7人集まらなかったら、貸し切りの一人あたりの値段が上がります。
8人になる場合は、メンバー全員の了承を得られればOK。ただし一人頭の料金は7人の時と変わらない。

2015年の当時の情報なので、変更があるかもしれません。

こんな条件のもと、一緒に行くメンバーを募るわけですね。
やり方は、日にちと時間を書いた紙を、ホダカツアーの扉に貼っておくだけ!

わたしのツアー歴はこちら↓
2/17 sunrise 150ボリビアーノ
2/18 sunset 130ボリビアーノ
2/19 sunrise 140ボリビアーノ ←新月の日
2/23 sunset 130ボリビアーノ

値段が変動しているのはお願いしたツアー会社が違うとか
時間が8時間だったりという理由によります

撮影のポイント

2015年は雨期にあまり雨が降らず、5㎝張っているところを探すのも時間がかかるような状態でした。
数年前に来たことがある人は、30㎝くらい張ってたよ!とのことでその年によるみたいですね。

ウユニ塩湖での写真撮影も天気に大きく左右されてしまいます。

わたしが思う、よい条件の3箇条
1.風がないこと(水面が動いて反射しません‥)
2.昼→青空の中にも雲がもくもくしてること
3.夜→雲がなくて星が見えること

確実に反射が起こるのは、朝日と夕日です。光源が水面に近づくに連れて、綺麗に反射が起こります。
逆に日中は、水面が波立たない状況でないとうまく行きません。
なので、sunriseツアーを2時間延ばして、そのまま塩湖に滞在するのをオススメします。
他のランクルが帰ってしまうので塩湖貸し切り状態になること
午前中の方が天気が安定していい写真が撮れやすいからです。

それかデイツアーですかね。

星空の写真撮影ですが、三脚必須です。
買っていくか、借りるか、諦めて目に焼き付けるか。。の三択ですね〜
わたしは一眼の星空撮影の設定を知らなかったので、カメラ上手いゆうほうくんに教えてもらった
設定によると
iso 1600
F値 しぼる
シャッタースピード 30秒
ホワイトバランス 白熱光or3000
レンズはAFじゃなく、マニュアル設定にする
これで上手に取れましたよ!!

泥棒市で買ったボロ三脚(新品なのにネジ取れてほんと困った…)でなんとか撮れましたが
もっと使い勝手のいい三脚なら生産性上がっただろうな〜。
事前に練習、是非してください!!

ミラーレスや、デジカメのはわかりませんすみません。。

でもいろんな場所を転々とする風来坊な旅人にとって
一つの場所で1日6時間を4日も繰り返す。その景色を見続けるってなかなか無いことです。
少なくてもわたしはそうで
自然が見せてくれる、時一刻と変わる景色を目とレンズに焼き付けようと
夢中で何度もシャッターを切りました。

やっぱり色々行ったどの場所よりも、心に残り、感動した場所です。
「地球ってすごい」
素直にこのセリフを言った場所でした。

150223-041

やっぱり新月は人気みたいですね。月が出ないので、星がすごく綺麗に見えます。
車のCMに使われていたり、書籍やメディアにも取り上げられることが多くなったウユニ。
2015年2月の新月も、長期旅行者だけでなく、卒業旅行の学生さんや、仕事を休んできた社会人で
ウユニの街がごった返しました。

2016年はさらに増えるんじゃないかなぁと思います。

気をつけてもらえたらいいなと思うこと。

この最盛期は、ドライバーさんも不眠不休で仕事をしているみたいで
穏やかでサービス精神旺盛なドライバーさんもいれば、ピリピリしている人もいたり。

ドライバーさんはスペイン語しか話せない人多数でした。
少しでも話せる人をチームに引き入れて、意思疎通を図るか
必要なスペイン語の文を覚えていくといいかもしれませんね!

はるばる日本からやってきたから、少しでもいい場所で、綺麗な景色を見たい!!と思う私たちと
こっちの疲労も知らずに、あれしたい、これしたい!ばっかり言いおって。しかもスペイン語話せないくせに…と思うドライバーさん。
この時期は需要と供給のバランスがおかしくなるので、こういう軋轢もきっとあると思いますが
現地のボリビア人のことも気にかけて、大人な対応をして欲しいなぁと思います。

お金を持ってるツーリストは偉いんでしょうか??

ツーリストを受け入れてくれる現地人がいて、水が張ってる場所を探してくれるドライバーさんがいるから
わたしたちの旅が成り立ってると考えれば
現地の人に感謝して、おじゃまさせてもらう。
郷に入っては郷に従え。の精神だと思います。

笑顔で、ありがとうのグラシアスと、あいさつのブエナスディアス!が言えればまずはOKだと思いますよ♪

世界一周ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015-09-26 | Posted in 23ヶ国目 ボリビアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment