アンコールワット1日目①

ようやっと、アンコールワットの記事を書いていきます!!

今回、アンコールワットのツアーでお世話になったのは
日本人宿で有名な「タケオゲストハウス」です。

ツアーと言っても、遺跡の回り方を指定してくれているだけです。
実質かかる費用は入場料(1日券20ドル。2,3日券40ドル)
トゥクトゥク貸し切り代(割る人数で変わりますが、ひとりあたり5〜10ドル)

ちなみに、アンコールワットは自力で回りたい!という方には自転車レンタルをオススメします。
タケオGHで借りれば1日1ドルですよ。
ただ少し遠いのと、遺跡の場所を把握していないと厳しいということろでしょうか。

初日は朝日から始まりました。(追加料金2ドル)
朝の5時に、私達が宿泊しているホテルに迎えに来た
トゥクトゥクドライバー 通称 タケオ
IMG_2419

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眠い目をこすりながら、トゥクトゥクに揺られていると、そこはアンコールワットだった。
どこが本堂なのかわからずに進む。

140602-001

 

 

 

 

 

 

 

 

140602-002

 

 

 

 

 

 

どんどん空が明るくなってくる。

140602-004

 

 

 

 

 

 

朝日見れた!

140602-005

 

 

 

 

 

 

そのあとはアンコールワットの内部へ。

140602-006

 

 

 

 

 

 

壁画の見方も、壁画の意味も予習なしに回ったわたし。ちょっと後悔。

140602-007

 

 

 

 

 

 

あまりの広さに途中で帰る。

さぁ、一日長いのです。夕陽まで見るからね!

タケオに、「お腹へったー。安い朝食食べれる所に連れてって!」と頼む。
メニュー表には5ドルと書いてあったけど、タケオが口を利いてくれた甲斐があり、3ドルに。
観光向けのお店はみんな、料金を盛ってくるんですよ(´・ω・`)

朝食を食べ終えて、向かったのは
アンコール・トム。そうバイヨンがある所ですよ!!

140602-009

 

 

 

 

 

 

バイヨンの顔って、ほんとクメール人だと思う。唇の厚さとか。。。

140602-011

 

 

 

 

 

 

140616-031

 

 

 

 

 

 

ほら、ボンターさん(友だち)なんてバイヨンそっくり。

名前もわからぬまま遺跡を見ていく。

140602-015

 

 

 

 

 

 

 

140602-017

 

 

 

 

 

高い所に登ることもしばしば。登りやすいスニーカーで行くことをオススメします!

140602-018

 

 

 

 

 

 

結構急でしょ?というかね、急です!!!!笑

140602-002

 

 

 

 

 

 

移動中のコーラがうまいー!炭酸嫌いの私も、こっちのコーラならなぜか飲めます。

140602-003

 

 

 

 

 

 

モノクロで撮影する遊び。笑

140602-004

 

 

 

 

 

 

ご存知でしょうか?「タ・プローム」
樹の侵食を受けながらも 今も残り続ける遺跡たち。時代の移り変わりや、自然のちから強さを感じます。

140602-005

 

 

 

 

 

140602-006

 

 

 

 

 

 
そもそも、どの遺跡もなかなかの破損具合だったのですが、
様々な国が協力して、調査と修繕を行って 今のアンコール遺跡群があるそうです。
修繕途中のものも多数ですし、もちろん日本の機関も協力しています。
ゆくゆくはすべてカンボジアの人の手で行われるのが理想ですね。

140602-007

 

 

 

 

 

 

こんな感じで見切ってしまって、午後3時には暇になる。
もう一度アンコールワットに戻って思い思いの時間を過ごす。

IMG_2391

 

お昼寝の図。笑

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、現地の人は顔パスでアンコールワットに入れます。
というか、アンコールワットのエリア内に家がある人なんかも多いみたいで、
たまに木陰から生活感がある家が見えたりします。

カンボジア人にとってのアンコールワットは、収入源でもあり、すべてを受け入れる場所でもあったり。
人々の生活に密着した場所だと感じます。

さて長くなったので、次回に持ち越しです!
それでは今日はこのへんで!!

次回はアンコールワットの夕陽編です!期待のクリックお願いしますー!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-06-24 | Posted in 04ヶ国目 カンボジアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment