イギリス人に学ぶ子どものあやし方。

ボランティアスクールに関わるので、
住む場所もボランティアスクールに併設されたホテルになりました。
エアコン無しで8ドル(エアコン有りなら10ドル)だけど、

ごはんや身の回りのお世話をサムとママさんがやってくれるので超快適!!
夜はみんなでわいわいお酒を飲んだり。

140611-013

 

 

 

 

 

 

この日は生徒たちが書いた習字の中から秀逸なものを選ぶというお仕事。

さて、そんなある日の出来事。今日のブログのテーマに触れて行きましょう!
毎日フリースクールに遊びに来る、近くに住む超元気っ子姉妹のリータンソクラン
ショートカットの少し背が高いほうがお姉ちゃんのリータン。
くるくる頭がかわいいのが、お転婆の妹のソクラン。

140614-005

 

 

 

 

 

 

 

 

二人と遊んでいると、抱っこしたり ぐるぐる回したり
あれやろう!次はこれ!! とお転婆たちは次々と要求してきて
こちらの方がヘタってしまいます。笑
「お姉ちゃんつかれたよー」と座り込むと
姉のリータンは諦めて離れていくけど、
妹のソクランは納得がいかないようで凶暴化してきます。
噛み付いたりする。笑 すねる。
そうするとこちらもやられてばかりもいられないので
「それはダメでしょ?」
と叱る訳です。

なんかコレ、とても日本的だなと思いました。

対するローリーはイギリス男子21歳で、

140610-001

 

 

 

 

 

 

 
同じ期間 ここのフリースクールでボランティアをしていました。
彼の、この子たちのあやし方を見てみましょう。
とても上手いんです。

まず、一緒に走り回る。とにかく追いかけっこをする。
リータンとソクラン。キャーキャーと、本当に楽しそうに走り回ります。
そして疲れ果てた頃に、ローリーはキャンディを持ってきて彼女たちをおびき寄せ
パソコンを持ち出し映画の上映会が始まります。
そうするとあら不思議、もう静か!!おとなしく映画に見入ります。

映画に飽きたら また私たちのところに寄ってくるんだけどね。笑

とても上手いですよね。
あの手この手で相手の欲求を満たし 笑
最終的には手中に収めてしまうという!!!!!

日本人、というか私というか世のママさんたちは
相手(子ども)の欲求に振り回されてばかりで疲れてしまうので(イメージ)
先手を打つことを考えると
お互いハッピーになることが増えるのでは と思いました。

アニメ系の映画を入れてくればよかったなー。
でもネット環境さえあれば問題ないか!

先手を打つには、自分の中でのストーリーを作ること
相手の好みを知っていること、または好きになりそうなことを提案すること
それをするには相手に興味を持つこと。
そして、興味・関心って”好意”から生まれるんですよね。

かといって無理に興味を持とうとしても疲れてしまったり。
自然と興味を持てる取っ掛かりを、自分の中に持っておきたいものです。

と、些細な出来事から多くのことが学べたりします。

文化の違いを色濃く感じた出来事でした☆

ローリーみたいなパパいいな!って思った方はポチっとお願いします。笑

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-07-02 | Posted in 04ヶ国目 カンボジアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment