チャイテン→ラフンタ アウストラル2日目

2015年3月のパタゴニアの記録です!!
アウストラルをバスのスケジュールと闘いながら進みます。笑

本人は現在鎌倉で生活しております。
ブログを書くのが遅すぎて(?)約1年前の出来事を更新しています。

え?そんな昔のことを覚えているのかって?
覚えてますとも!!下書きはちゃんと書いていたんですよ〜。
今日もどうぞお付き合いください☆

Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
150310-024
「アウストラル」の看板。やっとここに来れたと写真を撮った。

2015年3月10日
この日はくもり。ゆっくり起きて、パッキングして
朝食兼昼食のごはんを食べる。

オリーブオイルと塩とパン。コーヒーとりんご。

同じ宿に泊まってたチリ人女の子2人と少し話す。
ふたりともビーニャ・デル・マル出身らしく、学校の休暇で来てるみたいだった。
お互い英語話せず、、、

チリの人はアウストラル周辺の街で観光してるみたい。
外人だと、どうしてもパタゴニア!!ってなっちゃうけどね。
確かにアウストラルを回るだけでも十分楽しい。

宿をでてバス停に向かう、また犬4引きがついてくる。(しかもデカイw)
嬉しいいけど恥ずかしい。
結局ハチ公みたいに、お見送りしてくれた。お別れの挨拶がちゃんとできなかった。ごめんね。
今でも彼らは私の事待ってるかな、忠犬ハチ公のように。(いや、そんなはずはないだろう)

12時 ラフンタ行きのバス出発。
こちらも綺麗な景色が広がる・
やっぱりここに来てよかったと思う。緑が多くて元気になる
街周辺は舗装道路。山間は未舗装路。
でも工事しているひとを沢山見かけるので、少しづつ舗装されているみたい。
昔に比べたら、だいぶ舗装されているんだろうと思った。

景色を見ながら、ここに居られることを幸せに思った。
どうやらこのスゴロク的なバス旅、わたしの性分にあっているようだ。
インドのスピティ渓谷も最高に楽しかった。この旅の一番の思い出だと思う。
大自然に囲まれて、毎日移動を繰り返す。
自然からパワーを貰えて、村なんていいかんじに小さくて。たまらなく好きだって思う。

15時ラフンタ到着。

やることは次のバス予約!!
コヤイケ行きGET!朝5時発ですが。。

宿どうしようかな〜〜と思っていると
同じバスだった人が、ここは宿代高いから、みんなでシェアしようと声かけてくれた。

チリ人夫婦2組とわたしで、カバーニャ(ログハウスみたいな所)を借りて
1泊10000チリ・ペソ。
結局高いけど、キッチンありだし、ホットシャワーばっちりだし良し!

ラフンタですること。
なんと日本人女性がここに住んでいるそうなのです。
アポイントとってないけど、とりあえず行ってみた。
距離にして2Kmくらいかな。
150310-025

150310-027

150310-028
山の斜面を登って林にまみれたりしたけど

結果会えなかった。。

でもこのみさんという女性の生き方を知れたこと(前日にネットで彼女のインタビューを読んだ)
行く途中の道がとっても綺麗だったこと
それだけでも十分だなって思えて帰宅。

お庭の写真は1枚も撮らなかった。許可無く撮るのは嫌だし、このみさんたちが大事に作ったお庭
とお家って考えるとできんかった。

チリ人夫婦2組は外食らしいので、わたしは自炊。
食費節約って決めたんだい!!
今日はズッキーニの和風パスタ♪
150310-033
日本じゃパスタなんて作らないから、練習練習。
うーーん、どうしても薄味に仕上がる。
濃い味付けって罪悪感があってできないのよね。。職業病かなw

食べ終わってお茶を飲んでいると、みんな帰宅。
5人でお酒飲む。
フレンドリーな人たちでよかった!
英語とスペイン語で会話する。
150311-034

日本語→スペイン語の本で盛り上がる。ほんと、間違えて買ってよかったな〜笑
日本の東京のJRとメトロの路線図見せたら
全員驚愕してた。
こんなにあるの!!??って。
ほんとだよね。蜘蛛の巣のようですよね。

あとは日本と中国仲悪いの??とか。

日本人はみんなしゃべってくれないけど、君は違うね!!とかw

サンティアゴに来るなら連絡してーー!と言っていただけて光栄!!

チリ人は殆どの人がエンパナーダ作れるらいし!!すげーー!!

明日は5時おき。おやすみなさーーい

世界一周ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2016-02-05 | Posted in 24ヶ国目 チリNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment