ダラムサラ→シムラーへ。スピティ渓谷1日目

リアルタイムはギリシャ!!
Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
140927-010
シムラーに来た。
ダラムサラから夜行で9時間ほど。
まず、夜の8時、マクロードガンジから、ローカルバスでダラムサラまで降りて
シムラー行きのバスに乗り換え。

どのバスに乗り換えたらいいのかわからず、色んな人に聞いてみる。
ああ、みんな違うこと言う。笑
シムラー行きはこのバスだ!とか、いや、こっちだ!!とか。。
ああ、そうでした。ここはインドでしたよね。笑
すっかり忘れてました。

早速変なおじさんにつきまとわれてしまって、なんでかわたしの隣の座席に座ってる。。
(本当のお隣さんはインドの少年なのに!!)
恐怖!!!!しかも夜行バスなのに。
このおじさんの隣に座るくらいなら、このバスは見送ろうと瞬時に思った。
そして、このバスにはやたら少年たちが多くて。
「He is crazy????」と助けを求めてしまった。
「Don’t worry. Don’t scary!!」
と、頼りになる彼ら。無事におじさんを追い払ってくれた。

隣の少年と話してみると、明日シムラーで試験があるらしく ここにいる少年たちはみんなクラスメイトらしい。
17歳、18歳くらいだそう。
彼らはスマホや、時折パソコンなんかもいじりながらバスにのっていた。
ある程度裕福な家庭なんだろうな〜と感じた。
隣の席の彼も、身なりや受け答えに品があった。
その少年に安心して、9時間の間良い睡眠をとることができた。

140927-002

シムラーに着いた。
なんの情報もなかった。
初めて地球の歩き方にものってない場所に来たよ!!

今まで、(特にインド)日本人が集まる場所に、前情報がきちんとある場所にしか行ってなかったので
このシムラー→スピティ渓谷→マナリーの旅はどうなることか。

スピティ渓谷自体、秘境と名高いだけあって地球の歩き方には載ってない。
(ロンリープラネットの英語版にはあるみたい!)

まずはシムラー。地図もない。昔の旅人はいつもこんな状況からのスタートなんだ!!
と言い聞かせて歩き始める。

眺めのいいところでようへいさんが作ってくれたおにぎりをほうばる。
いい塩加減だ。おいしい。

140926-023

比較的シムラーの人たちはしつこい客引きはしないみたいだ。
さすが3大避暑地のひとつだね。品がある。
ところがホテルも品がありすぎて700〜1000ルピーという!!
高いとは聞いてたケド!!
500ルピーくらいにしたい。
もちろんホットシャワーとfreeWi-Fi付きで!!

いつのまにか、インドのおじちゃんがバッゲージまで持ってくれて、おすすめホテルに案内してくれることに。

1件目 弟がやってるというゲストハウス。山岳エリア。結構歩いた…
ホットシャワーないから却下。Wi-Fiもなし。

2件目 弟のゲストハウスの隣。Wi-Fiないけどホットシャワーはあるからここでいいかなと思ったけど
もっとオススメがある!!と言われてもう一件。

3件目 バスターミナルの近くの宿。Wi-Fiないけど、もう移動も疲れたしここでいいやと、650ルピーで手を打つ。

ここまでで朝の9時。到着してから3時間経ってるw

案内してくれたおじさんは、自分もゲストハウス持ってると言っていて
こんなに案内してもらったのに、彼の宿に泊まれなくて悪いなと思ったけど
最終的に3件目の宿で働いてる人みたいだった。←嘘ついてたの??

最初っからここに連れてきてくれれば良かったのに!!
3時間も、坂道をおじちゃんとお散歩したのだった。

さて、下調べをまったくしてなかったスピティ渓谷。
情報を得るためにfreeWi-Fiのレストランかカフェを探すけど、全滅。
観光客に優しくないよ、シムラーさん。。
ここでも色んな人に尋ねるんだけど、「階段下ったとこに」「階段登ったとこに」とか色々言われて
何往復もする。ここはインドだからね。でも聞かないことには始まらないし。

うろうろしてたら偶然、ネットカフェを見つけた!!
よかった!!あると思ったんだよねー♪

必要事項を紙に移し、家族に1周間は音信不通になることを伝えて終了。

街にもう一度出て、写真を撮っていると
「Are you from??」とおじさんに聞かれる。
「JAPAN!」
「ハジメマシテ。コンニチワ~!!」
と、日本語上手なよう。
バスの件で色々聞きたいこともあったので、お茶するのを同意。
(普段なら絶対行かないのに、警戒心が薄れてきたのか、インドに慣れてきたのか。。)
どうやらそのおじさんはアストロジー(占星術師)らしくて
お茶しながらわたしの性格をずらずらと言い当ててくれた。
いくつかは、ちょっと違うけどな?って感じだったけど

「アーティステッィク!!」というのは真っ先に言われた!
あとは内面がグッとパーソンだねとか
でもストレスを溜め込みやすくて、吐き出すのが下手
自分自身も、扱うのが難しいと
内面に抱えてる不安を吐き出しきれば、あとはいいことが沢山入ってくるよと。

ありがちなことを言われているけど、
突然の出会いと、そのおじさんには下心があるようにも見えなかったので
嫌な気分はなかった。
ありがとうの意味を込めて、自分のチャイ代は払ってカフェを後にした。

(後からメールの嵐だったけど、それはそれで。)

街に出ると何かが起こる。

久しぶりなこの感じ!!最近、常に誰かと一緒に居たからなー。
そうそう、1人で街に出ると、何かに巻き込まれるのよね。

宿は650ルピーの割には汚さが目立つけど、ぐっすり就寝。

さてはて、ローカルバスを駆使して行くスピティ渓谷 この先何が起こるやら。
でもこの谷を越えて、マナリーに付く頃にはまた成長してる自分がいると感じてる。
山頂がどうなってるかわからない、登山を始める気分だ!!

140927-006

【メモ】

ダラムサラ→シムラー 240ルピー 10時間
宿 650ルピー ホットシャワー Wi-Fiなし。

世界一周ブログランキングに参加しています!!
よろしくどーぞ「!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-11-07 | Posted in 07ヶ国目 インドNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment