スピティ渓谷5日目 ナコ→カザ

リアルタイムはギリシャ・アテネ!
Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

19spitivalley

ここ、キナウルとスピティ渓谷にはもちろんWi-Fiなんてものはなく
探すことも諦めた。。笑

ネット社会からの断絶は今回の旅始まって2度めである。
前回はヴィパッサナー瞑想の11日間。
でもヴィパッサナーの時と違って、今回は何時にあれしろだとか、スケジュールの制限はない。

それと、友だちがいないということ。完全にひとりである。
(もちろん現地人はいるけど、ツーリストも少し、日本人は居ない)
別に寂しいという感覚はもはやなくて
ただただ絶景に感動する毎日である。

141001-055

高山なので夜は寒いし、することもないので
瞑想したり、こんなふうにまじめに毎日日記を書いたりしている。
家計簿も毎日書いてる。

やればできるじゃんね。
ネットやFacebook、人とのおしゃべりの方に、楽で楽しい方に流され流され
生きているんだなと、実感。
スピティを移動する10日間くらいは完全ひとりもいいなぁ。

と、思っていた矢先に、旅のツレができた。笑

本当に、普通だったら危ないと思うんだけど
危険なときの判断力は養ってきたつもりです。笑

今回は大丈夫センサーが働きました。

インディアンガイ達とゆく、スピティツーリングツアー!!!!

ナコで、カザ行きのバスを待っていた時のこと。
11時半にナコに来る予定だけど、いつも遅れるよのねー、ということでひなたぼっこしながら待っていた。

お昼時なので、昼ごはんを食べにナコに立ち寄るツーリングの人たちが多かった。
意外なんだけど、ツーリングしてるのもインド人たち。(マイバイクを持っている)
車をチャーターして観光してるのもインド人たち。
ローカルバスを使って、しんどい思いして移動してるのは外国人ツーリストくらいなもんである。
いや、外国人ツーリストでさえも車が多い。。
というわけで割りとインドの裕福層が集まるスピティ渓谷なのである。

ひなたぼっこでぼけーっとしてたら、よほど 1人なのがかわいそうに見えたのか
インディアンガイたちの4人の集団が
「今日カザまでいくから乗ってく??」

みたいな軽いノリで誘ってきたのだった。笑

「え(゜∀。)本当に!!!!!!???????」
ビッグハプニングである。笑

まぁ晴れてて天気もいいし、せっかくだから便乗しようかな♪
みたいな感じで、ツーリングが始まった。

141001-013
左から、アメット、ナビーン、アレンダム、カルテック。

4人のうち3人の仕事がIT関係。さすがIT大国インド!!

カルテックはグラフィックデザイナー。

 

という、これからのインドを作っていくような彼らだった。
見る目合って良かった(;´∀`)笑

照りつける太陽にジリジリとやられる時も
途中で雨が降って寒すぎてやばい時もあったけど
それが終わると、息を呑むような絶景が現れる。
バスに乗っているだけじゃ感じきれない部分だ。

↓川でりんごを食べたり

141001-009

あやしい天気になって。。。

141001-010

 

また持ち直して晴れる。

141001-011

幸いカルテックがカメラ好き(Canonの一眼持ってた)だったので
途中だいぶ止まって、写真も撮ることができた。

ナコ→カザは70キロほど距離がある。
でも道が悪いからバイクは20キロほどしか出せない。
結局カザに着いたのは夜の8時くらいのことだった。
薄着だったから寒くて死ぬかと思った!!!

だけど、「幸せだなー」と思うことも多くて
やっぱりわたしはスピティ渓谷に歓迎されているのかも。
という勘違いかもしれないけどそう思ったのだった。

それか辛い山道を頑張って走ったご褒美なのかな。

とにかく、こんな幸せな体験をできたことを心から
スピティの山と、インディアンガイ4人に感謝したい。

夜も、同じゲストハウスに泊まったので、いろんな話をすることができた。
撮った写真を見返して笑ったり。
そして
「君はこの人生で何をしたいの??」
とものすごく真面目な質問も来たりして。
少ない語彙で頑張って話してみたけれど、多分半分も伝わってないだろうな。
そこには、今ある日本の背景、世界の背景も大きく混ざってきているから。
「お金はあんまりなくていいから、一生をかけてやりたいと思う仕事と、守りたい家族を作りたい」
という趣旨を話したけど
「でもお金がないと人は貧乏だよ」
という意見ももらった。それはその通りなんだけどね。
日本は物も溢れて飽和していて、その次のフェードに行かないといけないと
いうことも伝えないといけなかったな。。

インドでは、
バイクのHONDA(農村地帯では、耕うん機とか、ポンプもホンダ製のが売られていた)
YAMAHA
車ならSUZUKI、ISUZU
電化製品のSONY、Panasonic

カメラのCanon、nikon

この企業には信用と信頼を持ってくれていて、素晴らしい企業だと言ってくれた。
ナビーンのバイクはYAMAHAだし、アレンダムのデジカメはSONYだった。

嬉しい半面、ある意味、まだ表面的なことでしか知ってもらえてないんだなぁ。と思ったりもした。

それと同時に、わたしが日本人だというと
先月の日本の安倍首相とインドのモディ大統領の会談を
ほんとうに色んなインド人が話題に出してくる。

市民においても、注目度が高いニュースだったんじゃないかと思う。
逆に、日本人はどこの国の大統領や首相と会談したなんて、気にもしてないよねと
(少なくともわたしはそうでした…笑)

もっと語学力があれば、もっと色んな国の人と深い話をしていけるのになぁ。
でもそこには、理解されないもどかしさもあって。
わたしみたいに、人を褒めるのがやっと!みたいなレベルの方が一番波風立てないんじゃないかと思う笑

インドの人たちをもっと知るきっかけを作ってもらえて、本当に幸せなことだ。

さて、明日はどんな1日になるかな。

141001-014

【ツーリスト情報】
ナコ→カザ バイク 8時間(寄り道沢山。。)

バスなら5時間くらい、値段は不明。

緑がない山肌だけど、澄んで青色に輝く川沿いに走る道は
絶景です!!!!!!!!

世界一周ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-11-11 | Posted in 07ヶ国目 インドNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment