ヘナとの出会い

リアルタイムはイスラエル
Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

↑今までで一番の力作の写真。モデル*しょうじくん* 

種をまくインド
実りのバリ

という言葉があるらしい。

けど、私には種もあり、実もなったインドであった。
それは何かと言うと「ヘナタトゥー」通称「メヘンディー」だ。

ヘナという植物を使って、肌に消えるタトゥーを書いていくというもの。

実は日本にいるときにインド人にわけもわからず書いてもらったことがあり、
タイで、ヘナを持ってる友だちに書いてもらったことがあった。
デリーに着いた時、本場のヘナを描いてもらうのが楽しみのひとつで
早速描いてもらった。

140802-001

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも。。。ボッタクリだった。笑
最初は70ルピーって言ってたのに、途中で、「このサイズは35インチだ!70×35で2450ルピーだ!」
ってありえない額を言ってきた。
ひじ下から手先までで、70〜100ルピーが相場でしょう(;´∀`)
おじさんとケンカになり、
100ルピーで同意、ヘナは途中で終了した。笑
(今思うと、プロ意識も何もない人だなと思う。笑)

140802-002

 

 

 

 

 

 

途中でも全然よかった。枠は完成してるから、あとは模様を入れるだけ。

これくらいなら自分でできるもんね♪
とヘナコーンを買ったのが始まりである。

自分で書いてみたら意外とイケて、余ったから人にも描いてみた。
なんと、お客さん第一号はまどかさんだったのだ!!!!
初期の作品

140804-018

2回め

140820-021

 

 

 

 

 

 

 

 

140820-020

 

 

 

上達してるでしょう??笑

お代は up to you ということで 日本人のみなさんに描かせてもらってきました!!
お菓子をもらったり、チャイを奢ってもらったり、お金をいただいたり…!!
まどかさんは、お礼にってマクラメでネックレスとブレスレットを作ってくれました♡

140821-023

 

 

 

 

 

 

 

 

まさか旅の中で、こんな特技を発見できるとは思ってなかったのでとっても嬉しい♪
何より、ヘナは強力なコミュニケーションツールなので、
男女年齢問わず、ヘナに興味がある人とは繋がれてしまいます^^

もともと絵を描くのも好きで
自分の中のパワーを外に向けて表現したいと思っていたので
ヘナを描くこと、全然だけどデザインすること、とっっても良い方向に回っています。

 

回りの人や、日本の友だちもヘナに興味を持った!と言ってくれる人が多いので
よくある質問をまとめてみました。(`・ω・´)ゞ

・自分でデザインしてるの!?
ネットで「ヘナ デザイン」で検索すると色々出てくるので、それを参考にしています。
はじめはノートに描いて練習しました。

あとはインドには「ヘナブック」という伝統的な模様を集めたお手本集があります。
さらに、街なかを歩いていて参考になりそうなデザインを写メったりしています。

・ヘナはどうやって手に入れるの?
インド国内なら、駄菓子屋サンみたいな所で1本10ルピーで売っています。
路上ヘナ屋さんが居ることろなら、そこからも買えます。

日本だと、ヘナコーンは手に入らないと思うので、通販か何かで粉末のヘナを買い
自分でペースト状にして、コーンに詰めるのがベストかと。
ペーストの作り方はネットに出ています!

・どれくらい持つの?
だいたい1〜2週間です。
ヘナを描いた直後から2時間ほど乾燥させます。(長く乾燥させると持ちが良くなったり)
乾燥したらポロポロ剥がれてきます。
2日後くらいが発色のピークになり、それからだんだん薄くなってきます。

また描く場所に寄っても発色が異なり、手先や足首から下は発色が強く
うなじや鎖骨は薄いです。
個人差も大きいです。

・色んな種類のヘナがあるみたいだけど…
そうなんです。色も茶色、赤、黒とか。持ちも、2週間、4週間とか選べます。
何が違うかというと、ナチュラルか、合成かということ。
ヘナ本来の色は赤茶色で、持ちも1〜2週間。
剥がした時にポロポロとれてきます。
合成のは、ビニールのように剥けます。

最後にインドでは女性のおしゃれとして、またお祝いごととしてヘナは愛されています。
結婚式を控えた女性は、親族の女達が代わる代わる、手にびっちりと模様を描き込んで行くそうです。
ヘナのもちの良さや、発色の良さで、愛情深さがわかるとかわからないとか。笑

模様に意味があるのか??
たぶん、ない。笑
ヘナ自体が縁起の良いものということで、好きなデザインで描いていったら良いんじゃないでしょうか!!

興味がわいたら、まずは描いてみてください!!
けっこういい感じに仕上がりますよーん^^
お試しあれ♪♪

世界一周ブログランキングに参加しています!
応援の1クリックお願いします^^
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-10-28 | Posted in 07ヶ国目 インドNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment