エルサレムの新市街と旧市街

リアルタイムはスペイン・マドリッド!
Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

聖地エルサレムは新市街と旧市街に分かれている。
最初の宿は新市街に取ったので、東京のようなヨーロッパのようなおしゃれなカフェや服屋が並ぶ。
歩いている人も、ショップの店員もユダヤ人(イスラエル人)ばかりである。

対する旧市街は城壁で覆われた、四角形の中に、4つのエリアと、嘆きの壁と神殿の丘のエリアがある。

旧市街は、ムスリムエリア、ユダヤ人エリア、キリスト教エリア、アルメニア人エリアに分かれていて
通路には商店が並ぶ。そこの店員はほぼほぼパレスチナ人(アラブ人)である。
嘆きの壁はユダヤ人の聖地
神殿の丘はムスリムの聖地

嘆きの壁と、岩のドームが隣り合っているのが すぐわかると思う。

canvasjerusaremmap

 

 

街なかにはキリスト教の教会、イスラム教のモスク、ユダヤ教のシナゴークがあり

そして兵士とツーリストが入り混じる。

この狭い四角の中で、色んな物がせめぎ合っている。世界の縮図のような場所。

イスラエルといえばパレスチナ問題。
なんとなくはわかっていたけど、複雑すぎて深堀りしたことはなかった。
それが今回、実際にこの国に行ってみて、避けては通れないものになった。

街を歩くと、疑問だらけだったから。

パレスチナ人とアラブ人は何が違うの?

イスラエル人でもアラブ人はいるの?

アラブ人でもユダヤ教はいるの??

イスラム教の聖地なのに、なんで護衛はイスラエル兵なの??

パレスチナ人はイスラエルに入れるの?

イスラエル人はパレスチナには入れないの

ユダヤ教の正統派は黒スーツに黒シルクハット。もみあげ伸ばして、ひげもじゃ
世俗派はキッパのみ。
キリスト教徒も黒い装いで、帽子かぶってるし、ひげもじゃ
イスラム教は白でターバンだけど、ひげモジャだし…

実際いくとわかると思いますが、みんなひげで見分けがつかない。。

女性は、ユダヤ教徒もイスラム教徒もスカーフ被るから見分けがつかない。
目が慣れて、ようやく見分けがつくようになったのは数日経ってから。

とにかく、何が言いたいかというと、

何もかもさっぱりわからないということ。

歴史も、宗教も、人も、あまりにもその差は広く、わからないことだらけ。

ほんと、そんなこと当たり前。

9日間、勉強して、その場所の空気を感じて、色々な所に足を伸ばしてみたって

表面をさらっとなぞっただけ。

9日間のうちの貴重な2日間、わたしはあまりのわからなさから観光する気が起きなくて

東京のような、ヨーロッパのような新市街地を歩きまわった。
幸運なことに、ヨルダンで会ったみつきと再会できた!彼女はこれからNYに帰るところ。

10347172_673430236108816_4257266205105606038_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本を飛び出して、単身NYでしっかり仕事をやり遂げてる彼女。
英語ももちろんペラペラだし、強い。
クレームとかもしっかり言えるかと思えば、チップをきちんと1割計算して置いたりもする。
明るくて、バカなこともやれる彼女がとっても好きになった。
また日本か、どこかで会おうね!!

世界一周ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-12-22 | Posted in 09ヶ国目 イスラエルNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment