パレスチナ西岸地区へ 5日目再びヘブロン

リアルタイムはモロッコ!
Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月2日

アブディーンに「また来るね!」って約束してしまったこともあり
ジェニンにもう少し滞在したかったけど、移動することにした。

ジェニン→ヘブロン 移動に半日。(エルサレムを経由して)
スクリーンショット 2014-12-22 16.52.42

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無事に1時位にはヘブロンの街に到着して、街を歩き出す。

色んなパレスチナの地域に行ったせいか、

ヘブロンで感じる視線がこの前より刺さるように感じた。

ジェニン、ラマッラでの猛烈な歓迎に比べたら、
ヘブロンでは「中国人」とおちょくられることが多くなった。

前回行けなかった地区まで足を伸ばしてみた。

ユダヤ人入植地もツーリストなら入ることが出来た。
まだまだ閑散としていて
誰も住んでいないような家が多いように見えた。
ここに住むことを希望するユダヤ人ってどんな家族なんだろう。。
指名?立候補?それとも抽選か何か??

ゲートを越えて、さらにパレスチナのローカルへ。
ちびっ子っていうか11歳位のガキんちょに絡まれる。
メガネとられたり、おぐはストラップとられたり。
ふざけるにも度が過ぎてて、どう対応していいか困る。
最後はイラッとしてしまった。

でも彼らにとっては「おふざけ」なんだと思う。
141102-002

 

 

 

でも良いこともあった!
何かのプロモーションで、ヨーグルトもらった!!
141102-090

 

そして激カワな猫ちゃんに遭遇した!!!!!

じぃーー
141102-086
ん?なに?
141102-088
なになに??何か用?
141102-089
かわいすぎるーーー(;゚∀゚)=3ハァハァ

これは、旅人美容師のじゅんさんが出すという、世界中のネコ様写真集のひとつに加えてもらわねば!!

そして空き地で遊んでる子どもたちも発見!
141102-091
すると、おぐの悲鳴が。
「やばい!暴走族きた!!!」
え?((((;゚Д゚))))

振り返るとそこには…
141102-093

 

三輪車暴走族。笑

ていうか。笑 なんや、この子の顔!!

141102-095
鼻赤いし、ヒゲ生えてる!
141102-099

 

ちょーかわいいんですが(;゚∀゚)=3ハァハァ

そしてサドルがないのでペットボトルで代用!笑
141102-098
わらわら集まってきた!
141102-100
記念撮影☆
めっちゃ笑わせてもらったー!ありがとう!!
141102-101

真ん中の赤いトレーナーの子、貫禄あるなぁ。笑

そしてアブディーンの家に行き、数日ぶりの再会。
「おかえり!」って感じで迎えてくれて
この前のお返しにアブディーンとその友だちにヘナタトゥーをしてあげることができた!
141102-003
とっても喜んでくれて、5分後には何かに触って絵を崩すという。笑

またね!!!とサヨナラ。こんなに良くしてもらったこと、忘れません。

帰り、この間もあった男の子たちにも遭遇。

「じゃぁね^^」

って歩き出した私たちの背後から飛んでくる

わたしは何がなんだかわかってなかったけど
おぐいわく、その男の子たちが「本気で」小石を投げてきたらしく。。
なんで??という感じになった。
おぐはかなりショックを受けてた。

そんな感じで歩いていると、イスラエル兵と気軽に話すパレスチナの子どもの姿があった。
なかなか見ない光景。
そんなこともあるかもしれない。
やんちゃな子どもと、ノリの良い若い男性。
「パレスチナ」「兵士」という肩書を取ったら、「人」と「人」。

でも、パレスチナ人がイスラエル兵に弾圧されていること 子どもたちはわかっている。
彼は何を思いながらイスラエル兵と話してたんだろう。

相変わらず、子どもたちは可愛いし元気だけど
手に負えないいたずらや、ツーリストに対する侮蔑なんかも受けたパレスチナ最終日。
純粋かつ、残酷な一面を見たような。そんな1日だった。

これで、パレスチナを巡った記録は終わり。

5日間、移動と出会いを繰り返した。
たぶん、表面をなぞったに過ぎないくらいの話だと思う。
だけどわたしの中の認識は大きく変わり、
イスラエルの考えも、パレスチナが置かれている状況も
前よりは理解できた。

深い深い問題で
私たちにできることは何にもできない。
と思ったけど、
日本の政治を考えることでも貢献できるんじゃないかと思い始めた。
例えば武器輸出三原則に代わる「防衛装備移転三原則」を2014年4月に可決している。
(なんか、そう思うとこの2014年は大きく戦争に踏み込んだ1年でもあったな。。)
これが可決されたことによって、平和を守るためなら武器を輸出できるということ。
ということは他の国で使われる可能性があるということ。

もしかしたらパレスチナでも。

武装を続ける日本がこのままでいいのか、考えることも、とっても重要なことだと思った。

そして、宗教ってなんだ?という疑問。
安寧を求めるための宗教で、戦争を起こすって本末転倒なんじゃないかって。

そして、悲しみや憎しみは負の連鎖しか産まないというのもよくわかった。
悲しみや怒りを感じた時こと、人に配慮できる人になりたい。
自分がされて嫌なことは、人にもしない!!あたりまえだけど、ほんとにそう。
まずは自分の回りだけでも、やさしさの連鎖で繋がりますように。

イスラエル・パレスチナで関わってくれた人たちへ感謝を。
そして一緒に旅してくれたおぐに心からのありがとうを。

明日は、イスラエルを発ちます。

世界一周ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-12-27 | Posted in 09ヶ国目 イスラエルNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment