古都マラッカを旅する、偶然日本人男性と会った一日。

140516-048

 

 

 

 

 

マレーシア3日目にマラッカ行ってきましたよ!
世界遺産なんだそうですね。
KLから片道2時間位で行くことができます。

大航海時代にマラッカ王国として栄えるも、イギリス、オランダ、スペインの統治下に置かれたりと
洋風な建物もあれば、チャイナタウンが広がっていたり、色んな側面がある街です。

観光地化していて、とにかく車が多い。。
マレーシアといわず、東南アジアがそんな感じなんでしょうが 信号とか関係ないです。
道は渡るんです!車の隙を見つけて!じゃないと一生渡れません。
街歩きの鉄則ですね。
そんな時、私は地元民の後ろについて、タイミングを計ります。

マラッカで一番ツボだったのが、この乗り物。
トライショーというらしいです。
140516-051

 

 

 

 

 

ド派手!音楽もガンガン鳴らします。
ここだけ、夢の国みたい!!
140516-053

 

 

 

 

 

でも、いい年のおっちゃんがせっせとチャリを漕いでくれます。日本で言う人力車的なものですね。
メルヘンと、おいちゃん。この対比がシュールでかなりのツボでした。

みんなキティちゃんとか乗っけてて、屋根は蝶々なんですよ!!その下に芋虫のぬいぐるみとかあって。
奥様のセンスかなぁ。
140516-033

 

 

 

 

 

そんななかでのサソリ!ゴキブリのってるかと思ったw
彼のトライショーはベスト・オブ・デザイン賞を授与したいと思います。笑
しかも夜はイルミネーション点灯です!超楽しい!ここだけ祭り!

140516-075

 

 

 

 

 

1時間40MRです。(1,240円)これ、なかなか良い仕事なんですよ。
普通に8時間バイトして50MRくらいと言っていたので、その利益率の良さがすぐにおわかりいただけると思います。
このトライショー、すごい台数いるんです。

これで、一家の生計を立てているんです。
家族を食わすためには見た目なんか関係ないんじゃ!というお父ちゃんの背中が見えて、少しじんわりしたり。

働く姿はかっこいい。

しかもお客さんいない時は仲間内でゲームとかしている。
クラスの男子にこういうノリの子たちいたいた!笑

ここはすごく好きになった場所です♪
セント・ポール教会。なんとフランシスコ・ザビエルさんが建てた教会なんですと。
ブログを書きながら 今知る。笑
ここ、マラッカから種子島に行って鉄砲伝来・キリスト教伝来となるわけですな。これ本当です。
140516-037

 

 

 

 

 

空もキレイ!

140516-046

 

 

 

 

 

観光スポット。おしゃれさんマレー人。

140516-047

 

 

 

 

 

絵かきのおじさんがいます。唄を歌ってる人もいる。自由。
140516-001

 

 

 

 

 

ここからマラッカの街と海が一望できます。
140516-067

 

 

 

 

 

夕陽が沈む様もキレイ♡
140516-070

 

 

 

 

 

19:00くらいに陽が沈むのですが、それを見ていたら KLに帰る頃には電車が終わってしまっていて。笑
タクシー代高かったです。

このセント・ポール教会はねこちゃんがたくさんいるんです(ΦωΦ)!!
別に写真貼りまくったブログ作りますねー!(やる気)

さてさて、マラッカのチャイナタウンを歩いていると、ゲストハウスの椅子に佇む日本人男性から呼び止められました。
(マラッカのゲストハウス、すごくイイです。安いし、キレイで住み心地よさそう。
次行くことがあれば、まっすぐにマラッカに行こうと思います。)
140516-032

 

 

 

 

 

 

 

こんなかっこいいゲストハウスも。
これが日本人男性、宇佐美さん。
140516-059

 

 

 

 

 

68歳で(つやつやしていて、もっと若く見える)、仕事をリタイア後 各国に長期滞在するも 今年の2月くらいからマラッカに定住することを決めて、こちらにやってきたそう。
大きな声では言えませんが、マレーシアはビザがとりやすいので、90日超えたら再入国を繰り返せばずっと住めちゃうんですよね。
そして、ゲストハウスも1泊15RMくらいだそうなので日本円にして500円位です。
しかも、寺院が無料でゴハンを提供してくれる場所もあるそうで 生きていくには困らないとのこと。
140516-031

 

 

 

 

 

 

 

マラッカも、イスラム、ヒンドゥー、仏教の3つの寺院が至る所にあります。
その後道を歩いている時に、旅で出会った友人のアイコのおじさんも定年していて 今後タイに移住するという話も聞いた。

この流れ、来そうだなぁと。
日本だと、税金も物価も高くて 私達の台は年金も貰えるかわからない。
そしたら貯めたお金で息を長く生きていくには、物価の安い国に移住するのは自然な流れですよね。

それでも、日本食がなかなか食べられないとか、友だちと会いにくくなるという寂しさ的なものもあるでしょう。
あとは家族がいたら、同じ考え方をしてくれるパートナーしゃないと難しいでしょうし。
そういう方は、田舎へ移住というのを考えるんでしょうね。
田舎はある程度の野菜を作ることができますし、土地代も安い。

歳を重ねてからいきなり海外で生活というのは辛いものがありますし
まず、経験がないと選択肢にも入ってこないですよね。
その点、行ける時に何カ国か見ておくと そんな海外で老後を過ごすという想像もしやすくなるかと思います。

ますます日本の人口が減るじゃないか!と思われそうですが、私もそう思います。
どちらかと言えば、田舎に流れた方が生活スタイルを大きく変えることも無いからいいと思いますよー。
やっぱり、食べ慣れた味はソウルフードです。
どこの土地に言っても求めてしまいますもの。
日本食が早くも恋しい私がお送り致しました。
今日はこのへんでー!

2014-05-21 | Posted in 02ヶ国目 マレーシアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment