海外での身の守り方【ヨーロッパ編】

リアルタイムはチリのアタカマ!!

現在、実際の旅とブログの間は3ヶ月ほど時差があります。(((( ´,,_ゝ`))))

Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

images

 

 

 

 

 

 

 

はい。こんな文章を書いてみました、アムステルダムで。
わたしは海外で人よりも盗難にあっています。
(3回盗難にあってます。被害総額30万ほど)
これ以上遭わないように、反省を活かしてどう行動すべきか考えてみました。

人より抜けてるわたしが考えたものなので、
「そんなことわかってるよ!!!!」ってなるかもしれません。

いや、たぶんなるでしょう。

しっかりしてる人は、ほんとうにしっかりしてますから。
そんな旅人さんに出会うと、羨望の眼差しです(´゚д゚`)

でも少しでも、なるほどーーー!!とか、海外での盗難の犠牲者が減ってくれれば幸いです。

まずはわたしが犠牲者になりません。ハイ。

東南アジア編、南米編は気が向いたら書きますね♪♪

まず、一番危険なのが移動した後。
その街の初日。

・駅(バスターミナル、空港)から宿まで。ここまで無事に行ければ、全てはOK!
・駅(バスターミナル、空港)から宿までのルートを明確にしておく。
・グーグルマップであらかじめコピーしておく。(maps meおすすめ。オフラインで使えます)
・人に聞く前に 駅、内設のマップで確認する。
・人に尋ねるときも、高齢者か、女性。若い男性はなるべく避ける。
(若い女性、子どもでも騙しに掛かる人がいるので、人選びは慎重に!)

宿(ドミトリー)での貴重品のまもり方
・宿探しの際、ロッカー内設の宿を選ぶ。
・貴重品はすべてロッカーの中に。
・現金を多く持っている場合は、必ず分散させる。(カードも!)
・ドミトリーはプライバシーなし。盗まれても自分の責任。
・寝ている時は未防備。大事なものは、お腹に抱えるか、枕の下、ベッドの内側に。
・カバンの中身を出しっぱなしにしない。
・外に出しても、袋に入れるなどして見えないようにする。

街歩きの仕方
・財布の中に、十分にお金がある時はカードを持たない
・盗まれてもいいように、お金は入れ過ぎない
・リュックの後ろは漁られるものと思え
・ポケットも危ない
・口があいてるハンドバッグはもってのほか!
・バッグは肌身離さず!(通路側に持ったほうがいい)
・ケータイ地図はあまり使わず、紙ベースがGood
・ケータイ首掛けも、盗ってくださいって言ってるようなもの
・不自然に親切な人は疑え
・道を聞くなら店の人とか素性が分かる人に

警戒しすぎて、現地の人との交流がないのはつまらないので
バランスですね。
自分の安全を決めるのは自分!
相手にリードを任せたまま、思考停止しないこと!(と自分に言い聞かせる)

 
ヨーロッパは、宿の中で盗難がある場合は客同士の場合が多いです。
置き引きや、ひったくりも多いです。
いい人も多いけど、えげつない人も多いのがヨーロッパかなとわたしは感じました。

東南アジアではまた、身の守り方が変わります。
宿も、予約せずに 交渉して安くしたり、アクセスの良い所を選んだりするし
宿に貴重品を置いておいたほうが、盗まれる危険があったりします。

また南米でも変わると思うのですが、基本は上記にあげたようなこと。
常に、盗まれたとしても最小に被害を抑える意識が必要だと思います!

何か参考になれば幸いです。

Have a nice trip!!

世界一周ブログランキングに参加しています!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015-02-28 | Posted in 17ヶ国目 オランダNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment