セルビア・フランクとの旅

リアルタイムはスペイン・マドリッド!
Twitter https://twitter.com/Yacchiberry
instagram @YACCHIBERRY
facebook https://www.facebook.com/yurie.yatsu
で更新していますので
こちらもチェックお願いします!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11月17日

セルビアはソフィアで会った、フランス人のおじさまフランクと回りました!!

といっても
朝に到着して、夜行でハンガリーへと向かうため、滞在は8時間ほど。

朝の6時頃、夜行列車はベオグラード駅に到着した。
するとクランクが、
「ちょっと寝たほうがいい。ホテルを取るから!!」
と言ってくれて、
(いやいやいやいや!!そこまでしていただく義理ないですよ、ほんと!!!アタヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノフタ)
と何度もお断りしたのですが
「大丈夫だから!!君は僕の娘みたいなもんだから。現に僕の娘は25歳だ!」
・・・じゃぁお言葉に甘えて。。

駅前の、自分では泊まれないようなホテルで仮眠を取らせていただき
超豪華な朝食ビュッフェをいただいていましました(((( ´,,_ゝ`))))

141118-020

(奥にフルーツやらパンやらあるのに気が付かず、お惣菜ばっかり取ってしまったの図)

お昼前に外にでる。
この日は雨で、超寒し!!
観光っていう日では無かった(´・ω・`)

近くの城塞のある公園まで行き、ドナウ川を眺める。

141118-001

141118-002

歩いてて気づいたのだけど、セルビア人って背がめちゃ高い!!

2mある男性もざらだし、女性も背が高い。

そういう民族の血をひいているのだろうな。

街も、商業ビルがけっこうあって、ブルガリアと比べると発展している感じ。

141119-003

夜行列車の時間までフランクとディナーを。
今度は違うホテルのラウンジで、カクテルと、フレンチっぽい料理をいただく。

ほんと、何から何まですみません。。

フランクと色々な話をした。
彼は共産主義者で、仕事は郵便局員と、庭師をやっているらしい。
資本主義が嫌い、戦争が嫌い、ブランド物も好きじゃない。
デザイン?と思ったパーカーも、ナイキのロゴが気に入らなくて切り取ったらしい。

(パーカーのピンクの部分は、下に着ているTシャツの柄)

141117-033

たまにバッグひとつで旅に出るらしく、今回は1週間でユーレイルパスを使って東欧を回っているらしく
寝床は毎晩夜行列車なのだとか。
お風呂はどうしているのかなと思ったら、列車についている狭い手洗い場で済ませているらしい。
そして年齢50歳。ワイルドだな!!
こういうフットワークの軽さも、ホリデーの使い方がうまいフランス人だなぁと思う。

なんでそんなに親切なの?と質問すれば
「人種も、国も関係ない。助けたいから助ける。お返しは他の人に返してくれ!」
争いのない、平和な世の中になって欲しいね。という結論に。

鉄道の中まで見送ってくれて、最後に写真をパチリ!!

141118-021

フランク、ありがとう!
住所聞いたから、どこかでハガキを送るね。

こうして、ハンガリーの首都ブダペストに向かいます。

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2015-01-11 | Posted in 12ヶ国目 セルビアNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment