世界の食卓にごめんくださいin ベトナム 黒モン族!

さて、サパに到着して2日目!!
サパはベトナムの中でもこんなに北!!
スクリーンショット 2014-07-25 20.01.31

 

 

 

 

 

 

 

 

しかも高地なので涼しく
山岳民族が今でも暮らしています。

その中でもこの方たちがモン族!!
黒い衣装を着ているから黒モン族です♪

140709-008

 

 

 

 

 

 

彼女たちは、山岳地帯に住んでいますが、観光業もやっているので、サパの街中まで降りてきます。
主に、作った小物や、フルーツを売り

140710-035

 

 

 

 

 

 

トレッキングのガイドや、ホームスティ、ゴハンを一緒に食べるといったことで収入を得ています。
男性の黒モン族さんもたまに街にいるけど、だいたいバイクで村と街を往復していました。

この日はトレッキングに行くことに決めて、5Km先のラオチャイ村に行くことに。
私はツアーには参加せず、フリーで登り始めました。

140709-006

 

 

 

 

 

 

気持ちの良い山道♪

140709-007

 

 

 

 

 

 

欧米人とトレッキングを始めた黒モン族に遭遇!!!
こんな風に、ホームステイや、おみやげの売り込みをかけています。

140709-026

 

 

 

 

 

 

車に群がる一面にも遭遇したり。

私もその環にあっけなく吸収されてしまったww(早い。。)

その中でも笑顔がキュートなトゥー!!!
この子にノックアウト!!(写真 右側)

140709-010

 

 

 

 

 

 

トゥーの自宅で一緒にランチすることに決めました☆
そうです
「世界の食卓にごめんください @黒モン族」(๑´ڡ`๑)
なんてレアな!!!!
山岳民族の食卓におじゃましまーす!!!!!(*´∀`)わくわく

テンション上がりながら、大きな道を外れ、どんどん山道へ。。

140709-009

 

 

 

 

 

 

トゥーはひょいひょい登ったり、下ったり。道のない道を行きます。
しかもサンダルで!!!!(日本でいうところの便所サンダルのようなもの)

140709-011

 

 

 

 

 

 

でもよく見ると、黒モン族の人たちはみんな便所サンダル履いていた。

私はナイキのスニーカーを履いていたけど、2回位滑って転びそうになり
トゥーに助けてもらったー。便所サンダル優秀。。

ものっそい山道を3時間くらい歩く。トゥーと簡単な英語で会話する。

24歳で、子どもは2人いるらしい!4歳くらいの娘ちゃんと2歳の息子ちゃん!

うーん、私よりも年下なのに家庭も子どももいるなんて!
どうりで逞しいいとも言える貫禄があるわけだ!!

やっと自宅ー!!( >д<)、;’.・ 

140709-016

 

 

 

 

 

 

けっこうな山道でバテた私。
すぐに昼食作りにとりかかるトゥー。子どもたちもあやしながら!!

140709-014

 

 

 

 

 

 

女性は強いな(*´Д`)

なんかいっぱい子どもがいた。
こちらは隣に住む友だち。

140709-013

 

 

 

 

 

 

トゥーが街に出てる時は、この子たちの子守をしてくれてるようだった。

台所は暗め。
薪で調理します!だからひとつずつしか作れないのです。

140709-012

 

 

 

 

 

 

この日のメニューは
鶏ささみを卵でとじたもの
空芯菜炒めみたいなもの
インスタントラーメン(笑)
そしてサパで採れたお米!

140709-018

 

 

 

 

 

 

食べ方は、何故かはわかりませんが、ごはんに水をかけます。お茶漬けの具なしver ですね。

あとはラーメンの汁をかけたりしても食べる。
ゴハンの味を紛らわすためか、のどごしか。。?

140709-019

 

 

 

 

 

 

なかなかごはんを食べたがらない息子ちゃん。

トゥーは、私のお茶碗にも「これ食べる?」ってしきりに取り分けてくれました。

お味は、GOOD!

意外にも、私達が食べるようなものと変わらない感じがしました。

野菜とタンパク源のバランスも良いし!(来客だから、豪華にしてくれたのかなぁ?)

そして サパは棚田が有名です!!
圧巻!!びゅーてぃふぉー!!!!!

140709-027

 

 

 

 

 

 

彼女たち山岳民族が、お米を作るにはこうやって段々畑にしていくんですね!!
しかし美しい。

140709-028

 

 

 

 

 

 

でもきっと昔は、こんなふうに観光業はしていなかったと思うんですよね。
140709-017

 

 

 

 

 

↑日本語で、「サパの黒モン族は貧しい」みたいな論文が貼ってあった。なんで観光業に力を入れるのかも。。。

昼ごはんをご馳走になった後は、子どもたちとまったりと過ごし。

140709-015

 

 

 

 

 

 

↑何かに怒るトゥーの娘ちゃん。この木の箱で殴ろうとしていたw↑

どこからか採ってきたフルーツをいただいた。
桃をもっと硬くして、酸っぱくしたような味だった。

140709-023

 

 

 

 

 

 

140709-022

 

 

 

 

 

 

140709-020

 

 

 

 

 

 

140709-021

 

 

 

 

 

 

空き時間をうまく使って裁縫をしていく。

140709-025

 

 

 

 

 

 

そして、トゥーが作ったという小物をいくつか購入する。

140709-024

 

 

 

 

 

 

ちゃっかり、黒モン族の民族衣装を借りて記念撮影。笑

山岳民族のみなさん、骨格小さいー!すべてミニマム!

14時位にお別れを言って、また山道をとぼとぼ歩き始めた。
今度は大きくて、わかりやすい道をひとりでゆく。
サパ(街なか)まで5キロ。

140709-027

 

 

 

 

 

 

こんな絶景を、何回も振り返って、シャッターにおさめながら。

バイクに乗ってる黒モン族が、乗ってくか?って途中5人位に声かけられたけど
意地でも徒歩で帰りたくて、断る!(もちろんお金払わないといけないしね。)
2時間位あるいてようやく宿に到着ー!!途中雨も降ってずぶ濡れ!

日頃あまり運動してないので。笑 いきなり往復5時間のトレッキングはこたえましたが
いい景色が見れたなー!

トゥーに払ったお金は全部で15ドルでした。
これで彼女の家族の生活の足しになったらいいなぁと思いながら、少し複雑でも有り。
サパに観光に行った人たちは必ず口にするのですが
「モン族は買って〜買って〜買って〜って凄い言ってくるよね!!!!」
と。
観光客からのお金も、生活には欠かせないもので…
だけど、観光客を捕まえようと街に出る時間で、山岳地帯でもおいしく作れる野菜を試してみるとか
刺繍のクオリティを上げてみるとか、子どもたちに教える時間にするとか
今までの慣習にとらわれずに、観光客が自ら足を運びたくなるような工夫があったらなぁって。
そっちのほうがのちのち、生活が豊かになるんじゃないかなと思ってしまいました。
単なる旅人の一意見ですが(´・ω・`)

素晴らしい文化をもった山岳民族の黒モン族でさえ、貧困と戦っている。
そんな「今」を見てきた、黒モン族の食卓でした。
トゥー、おいしいゴハンをありがとう!!

140710-032

 

 

 

 

 

 

サパは、涼しくて、さすがフランス寮時代の避暑地!お店もレストランも整っています。

山も感じながら、まったりできる良い場所だなーと思いました♪癒やされたー!

140709-031

 

 

 

 

 

 

世界一周ブログランキングに参加しています!
サパのトレッキングも楽しそうー!と思った方、ぽちっとお願いしますー!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-08-24 | Posted in 05ヶ国目 ベトナムNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment