ハノイで日本語学校訪問!②

リアルタイムはインド・リシケシ!

ベトナムでの出来事を更新しています♪

さて、一番日本語がうまいクラス(A)と、2番めにデキルクラス(B)の午後の授業に参加させてもらいました!

午後の1コマ目はAクラスの活用の授業。
2コマ目はBクラスで私の自己紹介。(照)
3コマ目はAクラスの子たちと市場に遊びに♪

1コマ目は
まさおくん「8月の末に【日本語】の発表会があります」
しずかちゃん「何を発表するのですか?」
まさおくん「【日本の若者の好きなこと】について発表します」
しずかちゃん「そうですか。がんばってください」

という練習文を【】の中を変えて会話の練習をするというもの。
私達も英語の時間にやりましたね。こういうの!笑

140711-013

 

 

 

 

 

 

 

140711-014

 

 

 

 

 

 

みんな上手に当てはめて話していましたー!

2コマ目は
Bクラスの20人位の前で自己紹介((o(´∀`)o))
先生以外の日本人を見るのは珍しいらしく、人気者気分!
色んな質問をしてくれます。
ベトナムも国として豊かになりつつありますが、
やっぱり海外旅行はなかなかできるものではありません。
旅の話を興味津々で聞いてくれます^^

140711-015

 

 

 

 

 

 

このクラスの中には、三重県のネジ工場で仕事が決まっている子がいました。
日本で技術を覚えて、ベトナムで工場を作るんだ!って言ってました。

この下の写真の手前の男の子です↓

140712-036

 

 

 

 

 

 

このクラス一のイケメンさん!隠し撮りに失敗したの図。笑

140712-037

 

 

 

 

 

 

集合写真を撮っていただきました!

140711-016

 

 

 

 

 

 

3コマ目は
またまたAクラスの子達と、市場へくり出ーす!
私はここで、ベトナム人の真髄に触れる!!あんなにバイタクのおじさんとケンカばっかりで
もうベトナム出たい。。と思っていた考えが180度ひっくりかえるのだった。

それは、ベトナム文化に根付いている「年上を敬う」という精神。
それを体感してしまったからだ。
なんでかというと、先生である郁美ちゃんは生徒たちにとって尊敬すべき存在。
その友だちの私にも敬意を払ってくれるのです。

まず、バス。
生徒たちが先に乗せてくれて、先に座らせてくれて、なんとバス代まで出すのです。
郁美ちゃんも先生だから、率先して払おうとするのですが、断固として受け取らないのです。

次、市場!!
ベトナムの甘味、チェーを食べます♪
ここでも、最初に出てきたチェーは私達に。さらに私達が食べ始めるまでは食べません。

140711-018

 

 

 

 

 

 

 

140711-019

 

 

 

 

 

 

140711-020

 

 

 

 

 

 

 

140711-021

 

 

 

 

 

 

みんなで食べた串焼きも美味しかったね(๑′ᴗ’๑)エヘヘღ

次、お寺。
写真取り合いっこ。ベトナム人も写真好きです。笑

140711-023

 

 

 

 

 

 

郁美先生、どうしたの・・・?

140711-025

 

 

 

 

 

 

ああ、どうやらこのポーズの真似をしているらしいw

140711-026

 

 

 

 

 

 

なんか、この置物、シュールでよかったな。

140711-027

 

 

 

 

 

 

また帰りのバス。

行きと同じように、席を先に確保してくれるし、

道路を渡るときにもエスコートしてくれる…!女の子が!!!☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆

次、さらに食べる。
学校の近くのバインセオ屋さんがうまいということで、食べる!!

140711-028

 

 

 

 

 

 

こうやって、ライスペーパーで巻いて食べるんだよ!って

巻いたものを「はい♡」と差し出してくれる(人´∀`).☆.。.:*・゚

140711-030

 

 

 

 

 

 

140711-029

 

 

 

 

 

 

おいしかったねー!!!ベトナムで食べた中で一番おいしくて、楽しかったです!!

さすがに我慢ならない郁美先生、ここでこっそり支払いしていました。。

生徒たちは言います。
「杉崎先生(郁美ちゃんのこと)はいい人。いつもお金を払おうとする」と。。
だって日本だったら、年上が奢るものですものね。

そういう私も、勝手がわからぬまま、生徒たちに払ってもらってばかり。
感謝の気持ちもあるけど、申し訳無さも。

一番日本語がうまくて、すでに石川県の企業への就職が決まっているこの女の子。

(写真左)

140711-012

 

 

 

 

 

 

日本語は難しいけど、おもしろい。
日本で働いて、お金を稼いで、またベトナムに帰ってきたい。
自分の家は姉妹なので親が心配。とか。
ベトナムは基本的には女の子は嫁ぐ制度なので、家に誰も残らないのだそう。
彼女が日本語が上手なので、深いところまでコミュニケーションできたなーと思います。
これも何かの縁だから、また日本で会いたいな。

お腹いっぱいだったけど、夕ご飯もすこしお邪魔してみた。

料理は男の子が作るそうです♪

この日は揚げ豆腐と豚肉でしたー!

140711-033

 

 

 

 

 

 

外で、みんなで食べるごはんは美味しいね(・ω<)

140711-034

 

 

 

 

 

 

そういえば、お昼にベトナム人の男の先生が作ってくれたごはんも激ウマだったなぁ(๑′ᴗ’๑)♡

ハンバーグみたいなお肉とか、鶏肉のフリットみたいなのとか!

140711-011

 

 

 

 

 

 

次の日。
この日は土曜日だったから、半日のみの授業!
この日は、全校生の前で、私の自己紹介を!!!!!!
みんな色々質問してくれるから助かる〜♪
やっぱり興味あるのは、ベトナムのどこが良かったとか、iPhone盗られたとか
恋愛のこととか。笑 世界を旅している話とか。
日本語がわかるベトナム人の先生が通訳してくれます☆

140712-040

 

 

 

 

 

 

140712-041

 

 

 

 

 

 

でもね、私はこのジャンアン日本語学校の生徒さんたちに伝えたいことがあったのです。
それは…
カンボジアの日本語フリースクールの話。
他の国の子達も、しかもカンボジアは10歳前後とかそんな子たちまで日本語を勉強していて
将来は日本語の先生とか、ホテルマンになりたいという夢を持っているんだよってことを。

140606-005

 

 

 

 

 

 

140612-017

 

 

 

 

 

 

隣の国でも、あまり自由に行き来できないけど、目標を同じように持ってる子が沢山いるんだよって
写真を通して伝えること。

みんな興味深く見てくれていました^^

このハノイでの日本語学校訪問は、いろんな気付きがありました。
19歳くらいの若さで、外国に働きに行くって決断する子が多くいるということ。
ベトナム人の「年上を敬う」精神は、ある意味日本人の「気配り」を超えているということ。
素直に、ここの学生さんたちの気配りは凄かったと思う。

これは他の国にいってもさらに強く思うようになったのだけど

おもてなし」は日本人がどこの国よりも優れていると、根拠の無い自信をもっていた。

とんだ、勘違いだった。

どこかの国に行けば、その国なりの気遣いでもてなしてくれるし

相手のことを見て、何を求めてるか?ってきちんと考えてくれている。

そんな、人間の共通な感覚に、感動してしまった!!

ここで一気にベトナムへの尊敬が高まった。
郁美ちゃん、ジャンアン日本語学校のみんなありがとう。

とっても素敵な経験ができました^^

実は、この学校の卒業式が先日行われたようなのです!Facebookで知りました!!

上の写真に出てきている、日本に就職が決まっている子たちや、見慣れた顔の子たちが

女の子は白のアオザイで美しく、男の子はスーツをビシッと着こなして、凛と 写真にっていました^^

これからの人生に幸がありますように。

前途をお祈りしています!!!!!!!!

140712-043

 

 

 

 

 

 

一緒にハノイ市内に観光に行ったのも良い思い出^^

ブログランキングに参加しています!!

ベトナム女性美人さん!!と思った方はクリックお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-08-27 | Posted in 05ヶ国目 ベトナムNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment