また行きたくなる場所・ベトナムまとめ

ベトナム総括というとこで、書いていきたいと思います。
ほんとーーーーーにベトナムは思い出深い!!!!!!
いい意味も、悪い意味も両方で!!

嫌な想いをして、「ベトナム早く出ないとマズイヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ」と考えている時に
人の暖かさにふれて、やっぱりもう少し頑張ってみようかなという気持ちになったり。

戦争の歴史を感じながら街を歩いたり

色んな出来事に揉まれて、旅の知恵がついたり。

インドに居る今となっては、あの体験があってよかったと思っています。
まとめきれないベトナム編いきます!

・ベトナム事件簿
iPhoneをバイクの二人乗りにひったくられる 記事こちら
ニャチャンで自転車でコケる
ハノイのバイタク、料金ぼったくる
ラオカイのバイタク、頼んでない方向に爆走する 記事こちら
ハノイのタクシー、知らないのに嘘をつく    記事こちら

・ベトナム食事情
ホイアン名物は、カオラウ、クリスピーワンタン、ホワイトローズ(中国文化の影響あり)

140702-042

 

 

 

 

 

 

カオ・ラウ↑ ここの市場のおばちゃんとこがうまい☆↓

140701-027

 

 

 

 

 

 

フエ名物は、ブンボーフエという、牛肉と香草が入った麺料理♪

バインミーもおすすめ!ベトナム全土で食べられます。
フランスパンに具を挟んで食べるサンドウィッチなのですが、10000ドン(50円位)とかなーり安い!
店によって挟む具と、味付けが違うので お気に入りの一件を探してみてくださいね♪

宿の男の子が買ってきてくれた、この細いバインミーも絶品だったなー!

140702-043

 

 

 

 

 

 

チェーという甘味も、日本のあんみつみたいです。ちゃんと小豆もあるし!

140702-044

 

 

 

 

 

 

これと、これとー!って選ぶと、その通り盛ってくれます☆

140702-045

 

 

 

 

 

 

やっぱり春巻き(スプリングロール)も欠かせない!
本場の生春巻きは、香草が多めで ピーナッツソースで食べますよー!

140624-025

 

 

 

 

 

 

揚げてる春巻きは一口大で、とっってもおいしくてオススメ!
そしてバインセオ!英語名パンケーキと呼ばれる、この薄く焼いた卵焼きで具を包んだもの。

140711-028

 

 

 

 

 

 

ベトナム料理ではおなじみですね☆

サパではブンチャーという、お肉とブンという麺と香草を、つけ麺のように食べるものと出会う。

140709-030

 

 

 

 

 

 

ハノイで食べたブンチャーは、ハンバーグ状のお肉でした♪

140712-042

 

 

 

 

 

 

そして外せないフォー!
麺で名前が変わるし

具でも名前が変わる

地域によっても味がちがうー!

140703-050

 

 

 

 

 

 

140626-042

 

 

 

 

 

 

わたし的には、おいしいフォー屋台はハノイが多かったかな。

以下はフォーじゃないんだけど、名前がわからず。

↓豆乳ベースの麺。さっぱりしていた。

140707-003

 

 

 

 

 

 

これは魚のから揚げにソースがかかっていて、それと絡めて麺を食べる!

140707-006

 

 

 

 

 

 

フルーツも手軽に路上で買って食べていました♪

写真はベトナムの人は「ちょんちょん」と呼ぶランブータン!

140711-035

 

 

 

 

 

 

ライチもよく買って食べました☆

そしてベトナムコーヒー!!!!

140628-001

 

 

 

 

 

 

140710-032

 

 

 

 

 

 

甘いんですよ。笑
今までブラックOKだったのに、このコーヒーに慣れたらミルクとか入れたくなっちゃいます。笑
豆もバターで炒ってるらしく、ブラックでも甘いとか。
そもそもアイスコーヒーって頼むと、すでに甘い奴がでてくるんですけどね。
コーヒーをエスプレッソで入れて、コンデンスミルクも入れて、氷の入ったグラスに注ぐ。
こんな感じでベトナムコーヒーの出来上がり♪
1日の始まり、午前中にはほとんどコーヒー飲みにいってましたね(๑´ڡ`๑)

140706-002

 

 

 

 

 

 

こんなのも食べてましたー☆

ハンバーガー!ハンバーグを作るところから始めてくれる、時間かかるけどおいしかった!

140706-001

 

 

 

 

 

 

BBQ屋さんで、ソーセージとか色々!サパで食べたから値段高かった。

140710-033

 

 

 

 

 

 

・ベトナムBEER
ベトナムのビアは秀逸ですーーーーーー!!!!!
ホーチミン→サイゴンビア
ホイアン→ラルービール
フエ→フエビール
ハノイ→ハノイビア
と、ご当地ビールが楽しめるんですね♪
一番好きだったのはやっぱり、サイゴンビアでしたかねー。

140629-010

 

 

 

 

 

 

140709-029

 

 

 

 

 

 

↑こちらはラオカイビア!
さっぱり飲みやすかった!

ハノイビア↓

140707-008

 

 

 

 

 

 

飲んだ感想を書き留めておけばよかった。。次回からはそうしますー☆
ベトナムに言った際は、是非ビールの飲み比べもしてみてくださいね^^

・ベトナム人の性格
※かなり主観が入ってますので、参考までに!笑
ベトナムの商人は、1ドンでも多くお金を取ろうとしてくる。
→ベトナムドンは、単位がデカイです。1ドル=2万1000ドンですからね。
彼らの言葉をよく聞いてみてください。
「トゥエンティ、タウザン」で2万ドンのことです。
「トゥーハンドレット、タウザン」で20万ドンですね。
タウザン部分を省略して「トゥエンティ」と言ったりすることも多いかも。
私は混乱して、咄嗟に理解できなくて、お店の人に嫌な顔されたり。笑
でもお金のことなので、遠慮無く納得行くまで確認してくださいね!!
あとは大きいお金で払ってしまって、お釣りが沢山来る時もちょろまかされる危険大です。
前もって、いくらお釣りがくるか計算して、全額払われるか目を光らせてください!
平気で少ない額を出してくるんですよー笑
足りなくない?って言うと、「バレた?(*ノω・*)テヘ」みたいな。
もしくは、急かす。「それで全部だよ!さっさと行きな!」みたいな。確認する隙を与えない。

バイタクも、平気で法外な値段言ってきますしね。
あと途中で値上げしたり。強気ではねのけてください!!

なかなか怒れない私が、ちゃんと、はっきり 意思を伝えることができるようになった場所。
一皮剥けました、ここで。笑

中国人には厳しい
必ず「チャイニーズ?」と聞かれ、「ジャパンだよ」というと急に優しくなる。

親しくなると、とても親切で、優しい。これはほんとにそう。

地域によって、性格がけっこう違う
ホーチミン・ハノイの都心部の人はトゲトゲしてるけど
中部のホイアン・フエの人たちは穏やかで、付き合いやすい人が多い。
基本的には強気な人が多いかも。やっぱり戦争を勝ち抜くには、それくらいの気概がないと、、、ってことかなと。

・ベトナム人の食卓
家族で食べるのが基本です。
職場が近い場合は、昼も家で食べることもあるとか。
料理の担当は女性陣。2,3人で作ることもある。(姑、長男の嫁、次男の嫁 みたいな)

米と、スープとおかずが基本。
まず、ゴハンとおかず(大皿盛り。ゴハンの上に取り分ける。魚や肉が基本)を食べる。
ご飯茶碗が殻になったら、その茶碗でスープを飲む。
もしくはゴハン+スープで食べる。

ツアーのみんなで昼食をとった時、隣の席のおばちゃんは
このルールで食べている私のことをベトナム人だと思っていた。笑

マットを敷いて、床で食べるのが基本スタイル。
もちろん箸を使いますよ!

実は家庭ではあまり、フォーは食べないらしい。
日本でいう、ラーメン的な存在といえば想像しやすいでしょうか?(即席麺は除きます!)
なかなかスープまでは手作りしないですよね?笑

・ベトナムの人口
実は日本と逆人口ピラミッドなベトナム。
高齢世代→戦争ですでに亡くなっている
子ども→多い。ふたりっ子政策で制限してるほど。

そんなベトナム人は家族をとても大切にします。
家の都合で、会社を休むことも当たり前に認められているそう。それは嬉しいですよね。
一大イベントは、家族でやる忘年会なんだそう。笑

・ベトナムの公園
運動してる人、めっちゃ多い!!!!特にホーチミン・ハノイ!!
公園に、こんな遊具?スポーツ器具が!!これ、ありがたいですよね♪

140624-023

 

 

 

 

 

 

エアロビも盛ん!タイのよりも簡単そうで、参加したかった。笑

140626-041

 

 

 

 

 

 

ハノイではホアンキエム湖周辺もスポーツスポットですよー!
私は、運動したくなったら彼らと混じってウォーキングをしていました。

色んなコトあったけど、ベトナムも楽しかったなー!
トラブルが多い国ほど、愛着が湧くものですね。笑

ベトナム行ってみたーい!!!と想った方、こちらをクリックお願いしますー☆
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

2014-08-28 | Posted in 05ヶ国目 ベトナムNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment